4つの決算書(貸借対照表・損益計算書・利益処分計算書・キャッシュフロー計算書)について

[要点整理]

 

・貸借対照表は会社の財政状態を表します。
・損益計算書は会社のもうけを表します。
・利益処分計算書は会社がもうけた利益の使い方を表します。
・キャッシュフロー計算書はお金の流れを表します。

 

貸借対照表とはどのようなもの?

 

貸借対照表は、簡単に言うと、会社の財産とそれに対する裏づけを表した表ということができます。具体的には、左側にはその時点における会社の手許にある財産が表示されます。これを資産といいます。

 

そして、右側ですが、ここには、その資産をどのように手に入れたのか、要するにその裏づけが表示されます。これは、その裏づけが他人のお金(借金)なのか、それとも自分のお金(自己資金)なのかによって、分けて表示されます。

 

スポンサーリンク

 

 

もし、他人のお金であれば、右上に負債として表示され、自分のお金であれば、右下に資本として表示されます。

 

     貸借対照表
――――――――――――――――
 流動資産  | 負債
       |
―――――――|――――――――
 固定資産  |
       | 純資産
―――――――|
 繰延資産  |
――――――――――――――――

 

よく貸借対照表は、会社の財政状態を表示しているというのですが、これは、貸借対照表の左側は、会社の集めたお金をどう使っているのかという使い方(運用状態)を表しているのに対し、右側は、どうやってお金を集めてきたかという集めてきた原因(調達源泉)を表していることからそのようにいわれています。

 

貸借対照表というのは、左側は手許にある財産で、右側はどうやってお金を集めたか、というのを表しているんだとイメージするとわかりやすいと思います。

 

 

損益計算書とはどのようなもの?

 

損益計算書は、簡単に言うと、会社が元入した資金(資本)を使って、どうやって“もうけ”たのかを表したものということができます。

 

損益計算書の右側には、自分のお金が増えた原因(収益:売上などですね)を表示して、左側には自分のお金が減った原因(費用)を表示するのですが、これを対比させることによって差額で儲けを計算する表になっています。

 

 

財務諸表計算では損益計算書がポイント!

 

財務諸表の計算書といって、まず思い浮かべるのが損益計算書ですよね。財務諸表の損益計算書というのは、企業が1年間等のある期間に、商品やサービスの作成や、提供・売買などを行って、どれぐらいの利益が出たのかを計算した財務諸表のことを言います。

 

わかりやすく言うと、一般的な家計簿に当たるものが損益計算書ということになります。ですから、損益計算書で重要なのは、ある期間の間にどれだけ利益を上げたのかを計算したものということになるわけです。

 

     損益計算書
―――――――――――――――――
       |
  支出   |
       |  収益
―――――――| (収入)
       |
  利益   |
       |
―――――――――――――――――

 

スポンサーリンク

 

 

ここで、収益や支出、利益とありますが、収益というのは、企業がどれだけ売上げたかを表している数字になります。支出は、売上げを上げるためにどれだけお金を使ったかというものになります。利益というのは収益、つまり売上げから支出を差し引いたものになります。

 

ここで、注意していただきたいのは、貸借対照表との比較です。貸借対照表というのは、企業がある瞬間にどれだけの資産・負債・純資産を持っているか、つまり、企業の状態を表しているものでした。

 

一方、損益計算書というのは、ある期間、1年間なら1年間にどれだけ利益を上げられたかを表しているものになります。損益計算書はP/L(ピーエル)とも呼びます。これは、英語でProfit and Loss Statement と言うからです。このProfitのPとLossのL、その頭文字をとってP/Lということですね。

 

なお、個人的に使う場合は収入、企業全体で使う場合は収益と言います。

 

 

財務諸表の計算方法

 

財務諸表の損益計算書というのは、「ある期間の中にどれだけ企業が利益を上げたのか?」というものを求めるものになります。利益を求めるためには、1年間でどれぐらいの売上げ(収益)があって、その売上げを上げるためにどれだけお金を使ったかという支出を求めなければいけません。

 

例えば、あなたがケーキ屋を経営していて、ケーキでたくさんの売上げがあったとします。このとき、ケーキの売上げそのものが全部利益になるわけではありません。利益は収益から支出を差し引いたものだからです。

 

利益=収益−支出

 

ですから、このケーキの利益を計算するためには、ケーキを作るために小麦粉を買ったり、水道光熱費があったり、従業員の給料を支払ったり、こういったものをすべてひっくるめた支出を収益から差し引く必要があるのです。このように、収益から支出を差し引いて、1年間にどれぐらい儲かったのかを見るものが損益計算書なのです。

 

 

利益処分計算書とはどのようなもの?

 

利益処分計算書は、簡単に言うと、会社のもうけの使い方についての書類のことをいいます。会社がもうけた利益を決算でどうやって分配するのか、その分配先を示す計算書です。

 

具体的には、もうけを株主に配当したり、役員に賞与として出すとか、会社にそのままとっておく(留保して残す)というようなことを株主総会の決議に基づいて分配します。

 

これとは反対に、損失(赤字)が出た際には、損失(赤字)をどうやって穴埋めするかというのを損失処理計算書で表します。

 

 

利益処分計算書と決算について

 

利益処分計算書というのは、財務諸表の1つで、これを見れば、決算での未処分利益(繰越利益剰余金)の処理状態がわかります。

 

ちなみに、利益処分の内容は、株主総会決議事項ですから、株主総会における承認前では「利益処分案」と呼ばれます。なお、現在では商法から会社法へと改正されたため、株主資本等変動計算書(かぶぬししほんとうへんどうけいさんしょ)に統合されています。

 

 

キャッシュフロー計算書とはどのようなもの?

 

キャッシュフロー計算書は、簡単に言うと、会社が持っている現金(またはそれと同等のもの)の運用状況を表している表のことです。

 

なぜ、キャッシュフロー計算書が必要かというと、現在は信用取引(掛取引)が多く行われていますので、実際には収入が収益とが一致しなくなっています。よくニュースなどで、黒字企業なのに債務返済ができないなどというのを聞いたことがあるかもしれませんが、いわばこれが「勘定あって銭足らず」の状態なのです。

 

こういったケースの場合、貸借対照表や損益計算書だけで会社の状態を把握するのは難しいので、企業の支払能力に関する情報を開示するという目的で、キャッシュフロー計算書が新たに設けられたのです。

 

 

借金返済 損益計算書にはありません!

 

借入金というのは、誤解されている方も多いのですが、これは経費にはなりません。借入金や借金返済は損益計算書にはまったく出てきませんよね。つまり、借金返済は費用にはならないということなのです。

 

借入金というのは契約です。例えば、1億円を20年で借りて、年間500万円を返済する場合、この500万円はどこから返済するのでしょうか?

 

これは基本的には税引前利益からになります。ですから、税引前利益は法人税率が40%としますと833万円必要になるわけです。そして、833万円から税率40%を掛けて税金を333万円を支払うと、500万円の税引後の利益が出ます。

 

このように、税引後の利益から借金500万円を返済するという構図になっています。もちろん、減価償却もありますが、赤字の会社ですと返済できないということがお分かりかと思います。ですから、何としてでも黒字化しないといけないのですね。

 

スポンサーリンク