固定資産長期適合率とは?

[要点整理]

 

・固定資産長期適合率=固定資産÷(自己資本+固定負債)
・原則として、固定資産長期適合率は100%未満でないと危険です。

 

固定資産長期適合率とはどのようなもの?

 

固定資産長期適合率は、固定資産を自己資本と固定負債を足したもので割った指標です。この指標は、固定資産を購入する資金が自己資本と長期返済の負債で、どのくらいまかなわれているかを表します。

 

設備投資資金は、長期間でゆっくり回収していきますので、これを短期の借入金などでまかなうことは、会社の財務状況を圧迫します。長期にわたって返済する借入金であれば、設備投資に使ったとしても、償却額にあわせて借入金の返済ができますので、財務的にも安全であるといえます。

 

スポンサーリンク

 

 

この固定資産長期適合率が100%の状態は、返済の必要のない自己資本と長期借入金で、固定資産のすべてがまかなわれていることを意味します。ですから、原則としては、固定資産長期適合率は、100%未満である必要があります。

 

 

固定資産長期適合率の目安はどれくらい?

 

固定資産長期適合率が、100%以上の場合は、固定資産の調達資金を短期借入金でまかなっている状況にあります。

 

ですから、1〜2期の一時的なものであれば問題ありませんが、それ以上連続していると財務安全性に問題のある会社ということになります。原則としては、固定資産長期適合率は100%未満が望ましいです。ちなみに、日本の企業の全業種の平均で、約80%強とされています。

 

また、たとえ固定資産長期適合率が100%未満であっても、借入金の返済額が減価償却費の1年間の合計額より多いというような、借入返済のスピードが速い場合には、その分を、長期の借入金でまかなうことになります。つまり、財務の安全性が高いとはいえませんので注意が必要です。

 

 

固定長期適合率の意味・目安は?

高いと?100%以上は?

 

固定長期適合率の計算式は以下になります。

 

固定長期適合率=固定資産÷(自己資本+固定負債)×100

 

この固定長期適合率は、企業の長期的な安全性を示す指標となっています。上記の計算式から、固定資産のうち、どの程度自己資本と長期借入金で賄われているかを示していることがわかります。基本的には100%以下になっているのが目安であり理想です。

 

いわゆる固定資産が、長期で運用できる自己資本や固定負債の100%以下ということは、それですべて賄えるということになりますので、資金繰りに安定するということを意味するのです。

 

ですから、この固定長期適合率が100%を超えているというのは、長期で運用する資産を資本金や長期借入金で賄い切れていないということを意味しています。つまり、その分だけ短期借入金で補てんしていることになるわけです。極端な言い方をすると、短期借入金で固定資産を購入してしまっているというイメージになります。

 

ですから、長期的に運用する固定資産を短期の資金で購入していると言えますので、そうなると当然、資金繰りは悪化するということになるのです。

 

スポンサーリンク