自己資本回転率とは?

[要点整理]

 

・自己資本回転率=売上高÷自己資本
・自己資本回転率は、自己資本利益率(ROE)、売上高当期純利益率、自己資本増加率などと併用して利用します。

 

自己資本回転率とはどのようなもの?

 

自己資本回転率は、自己資本が売上に対して何回転しているか、つまり、自己資本に対する効率性をみるための指標です。自己資本回転率と総資本回転率を使えば、会社の資本の効率性を分析することができます。

 

 

自己資本回転率はどう使うの?

 

自己資本回転率は、自己資本に対する効率性を見るわけですから、高ければ高いほどよいということになります。

 

スポンサーリンク

 

 

ただし、急成長している会社などの場合、短期借入金などに頼って売上が急上昇することがあり、その場合にも自己資本回転率は高くなりますので、注意して見ることが重要です。

 

また、業績が悪化している会社の場合、自己資本の減少と売上の減少が同時に起こるこり得ますが、その場合でも、自己資本回転率は悪化しませんので、業績悪化に気がつきにくいことがあります。

 

よって、自己資本回転率をつかう場合には、その他の指標(自己資本利益率(ROE)、売上高当期純利益率、自己資本増加率など)と併用して分析するようにしましょう。自己資本回転率だけで企業分析をするのはかなり危険です。

 

 

自己資本回転率の目安と計算式

 

資本回転率というのは、資本がどれくらい有効に使われたのかを見る指標で以下の3つがあります。

 

@総資本回転率
総資本回転率は効率性分析の指標であり、資産額の何倍の売上高があるのかを表す指標です。単位は何%ではなく、何回転かなので「回」になります。回転率が大きければ大きいほど、少ない資産で大きい売上高を上げることができていると判断できるので、資産がどれだけ効率的に利用されているのかがわかります。

 

つまり、売上高に対して、どれだけ経営資源が活用されているかを示す指標といえます。ですが、この指標が単に高ければ良いというものでもありません。色々な比率も見ながら総合的に判定します。一般的には、ROAやROEなども見ます。

 

A自己資本回転率
自己資本のみでは限定されるケースもあります。

 

B経営資本回転率
総資本に対する売上高が多いのかそれとも少ないのかの判断に使います。

 

スポンサーリンク

 

 

自己資本回転率の計算式と求め方

 

回転率の計算式では、その期の売上高を資本の額で割って求めるのです。具体的には、上記@の総資本回転率でしたら次のような求め方になります。

 

■損益計算書の売上高÷貸借対照表の(前期末総資本+当期末総資本)÷2(回)

 

もう少しシンプルにすると、以下のような計算式になります。

 

■売上高/(前期末総資本+当期末総資本)÷2

 

ちなみに、総資本は、自己資本(純資産)と他人資本(負債)を合計したものなので総資本と言うのです。これは「総資産」と意味は同じで、すなわち、売上高を総資産で割るとも言えます。

 

■総資本回転率 = 売上高 ÷ 総資産

 

 

なぜ資本回転率が早いと多く生産されるの?

 

資本利益率の計算式を分解していくと以下のようになりますよね。

 

■資本利益率=利益/資本額=利益/売上×売上/資本額=利益率×資本回転率

 

つまり、利益率が同じなら、資本回転率が高ければ高いほど利益は出るというわけです。資本というのは、一般的には設備投資や人件費に使います。同じ設備や人間でより多くの売上げを上げるのが資本回転率の向上であり、これは生産性向上により実現可能です。

 

スポンサーリンク