従業員一人当たり売上高とは?

[要点整理]

 

・従業員一人当たり売上高は、会社の付加価値を把握するための指標です。
・従業員一人当たり売上高=売上高÷従業員数で計算します。
・原則として従業員一人当たり売上高は、同業他社比較で利用します。

 

従業員一人当たり売上高とはどのようなもの?

 

従業員一人当たり売上高は、売上高を従業員数で割って求めます。

 

従業員一人当たり売上高=売上高÷従業員数

 

この指標は、企業の生産性を分析するのに利用されます。同業他社で従業員一人当たり売上高を比較して、一人当たりの売上高が高いほうの会社が労働生産性が高いと判断できます。

 

スポンサーリンク

 

 

従業員一人当たり売上高の判断・目安は?

 

従業員一人当たり売上高は、高ければ高いほど、その会社の生産性が高いということができます。なので、単純に一人当たりの売上高を上げるように努力すれば、労働生産性は高まります。

 

ただし、この指標を利用する際に注意してほしいのは、原則として同業他社比較において利用するということです。業種が違うと付加価値の状況が全く異なりますので、一人当たりの売上高も全く異なってしまうからです。

 

※付加価値…売上高−外部購入費用(商品や原材料の仕入、外注加工費等)のことです。粗利益(売上総利益)とほぼイコールと考えてよいと思います。

 

 

課の一人当たり売上高の計算式は?

 

例えば、会社で課単位で一人当たり売上高を計算する場合に、部長が2つの課にまたがっているケースではどうなるのでしょうか?

 

このようなケースでは、部全体の従業員一人当たりの売上高を計算すると考えるとわかりやすいです。つまり、加重平均を使うということです。具体的には、2つの課の従業員一人当たり売上高にウェイトづけをし、その平均を計算すればよいのです。

 

スポンサーリンク